為替市場とスプレッド

「スプレッド」とはFX投資は通貨を売買して利ざやを得る商取引です。

売り買いの価格は1日中変動しています。

 

これが為替市場です。

ニュースサイトを見ていると、情報が流れる状況があります。

 

よくあるのが「今のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表現しています。

 

外為取引には買いと売りの値段が存在する事を示しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX取引会社もあったりします。

 

通常は買値よりも売値のほうが低い値段になるものです。

 

自分が買値は高く、売値は低くなるものです。

 

この差をスプレッドといい、FX会社の収益のひとつとされています。

 

スプレッドの差は取引会社によって異なります。

 

スプレッドの幅は投資家にとって出費になるので狭いFX業者をピックアップしたほうが有利です。

 

ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッドの差は変わります。

 

通常時はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの幅だとしてもマーケットの上下動がとても激しいケースでは大きくなったりする状況があります。

 

なので、スプレッドが狭いのと合わせて、変化が少ない事が大事です。

 

近頃では動かないスプレッドの幅を表示するFX取引会社もいろいろ存在しています。

 

実際にFX取引会社の売買画面の上でリアルな相場を見なければ判断できないのでわずらわしいですが、とても重要なことです。

 

重要な投資資金を使って売買するのですから、実際のトレードの前に興味があるFX会社の新規取引口座開設を試して表示されているスプレッドを確かめましょう。

甘酸っぱい箱

同じペアでもその時点のマーケットの状況によって通貨のスプレッドは変化します。

 

たいがい、インターバンクで取引量の多い通貨ペアではスプレッドが狭くこの他のペアでは拡大する事が多いです。