民事再生による手続き

民事再生という方法は住宅のためのローンを含めた多重債務に陥っている利用者に対して、マイホームを維持したままで金銭面で再生するための公の機関を通した債務の整理の選択肢としてはじまった選択肢です。

 

この制度には、破産宣告みたいに免責不許可となる要件がありませんので、競馬などで債務が増えたようなときでも民事再生手続きは取れますし、破産申請をすると業務禁止になる業種で生計を立てているような場合でも手続きが検討可能です。

 

自己破産ではマンションを残すことはできませんし、任意整理等ではやはり元金は返していくことが求められますので、住宅のローンも支払いながら返していくことは実際のところは難しいでしょう。

 

しかし、民事再生による手続きを選ぶことができれば住宅のためのローン以外の負債は相当な場合において減らすことも可能なため余裕を持ちながら住宅ローン等を支払いつつローンを支払い続けるようにできるということです。

 

でも、民事再生という選択は任意整理や特定調停と異なり一部分の負債を切り取って手続きすることはできませんし、破産申告の場合のように元金自体が帳消しになるわけではありません。

旅人ランナーに日記

また、これとは別の方法に比べ処理が煩雑で手間が必要ですので住宅のためのローンを組んでおり住居を維持する必要がある状況など以外で破産宣告等といったその他の選択肢がない時の最終的な方法とみなした方がいいでしょう。